体の不調の原因がわからない場合

心の不調を治すための医療機関では、精神科と心療内科があります。どちらも似たイメージがあることもあり、実際に受診する場合はどちらを選ぶべきかでも悩むところです。心療内科は、心理的な要因から、体に様々な不調をきたす心身症の治療が中心です。頭痛や吐き気、胃の痛みなどがあるにもかかわらず、内科を受診してもその原因がわからないという人もいます。ストレスが要因になりますが、本人がストレスを自覚していない場合もあります。 長期に不調が続いているにもかかわらず、その原因がわからないという人は、一度心療内科を受診することを考えてみましょう。精神科は、体の不調よりも主に精神的な不調の治療を行う医療機関です。気分の落ち込みや不安感が強い人や、幻聴や妄想などの症状がある場合も精神科が向いています。

両方に対応した医療機関

症状がはっきりとしている場合は、精神科と心療内科のどちらにするかは選びやすいといえます。精神的な不調と体の症状が同時に出ている人は両方をカバーできる医療機関を選んでおくと安心です。治療が遅れると、それだけ回復に時間がかかる可能性もありますので、不調に気づいたら我慢せずに早めの受診を心がけましょう。精神科も心療内科も、治療内容は薬の投与が中心です。入院で集中的に治療をする場合もありますが、初期の場合は通院で対処することがほとんどです。薬による治療以外では、心理カウンセリングや認知行動療法などが提供されることもあります。治療内容は医療機関ごとに違いがありますので、どのような治療を得意としているのかも調べておきましょう。

品川の精神科にかかる場合には、駅から近いか、平日の夜は何時まで開いているか、女医がいるか、ビルの中など入りやすい場所にあるかなど、自分が通いやすい条件でクリニックを選ぶことをおすすめします。