薬による治療が中心になる

心療内科を初めて受診する場合、気になるのはどんな治療が行われるのかということではないでしょうか。心療内科では、ストレスなど心理的な要素で、頭痛やめまい、胃痛などの体の症状が出ている場合の治療が行われています。改善を得るためには、まずは診察や検査を丁寧に行い、体の不調が体の病気から来ているものなのか、それとも心理的な要素からなのかを判断していきます。実際の治療では投薬が中心です。症状が比較的軽い場合は、通院をしながら改善を目指すことになります。 薬にも多くの種類がありますが、それぞれの症状や悩みに応じて最適なものが選ばれます。根気よく治療を続けることが大切なので勝手な判断で薬をやめるようなことは避け、医師の指導を守りながら続けていきましょう。

薬以外の治療方法はあるのか

診療内科では、薬をいつまで続けていくのかも気になるところです。改善されたから、すぐに薬をやめるのではなく、少しずつ減薬するなど調整しながら治療を進めていくことが一般的です。心療内科では、漢方など東洋医学を積極的に取り入れているところもありますので、自分に合う治療を選んでいきましょう。薬は重要な選択肢のひとつですが、薬以外の治療が併用されることもあります。親しい人にも話しづらい悩みを抱えているときは、心理カウンセリングがよい効果を発揮する場合もあります。 さらに、認知のゆがみを直すための心理療法が行われることもあります。人により合う治療方法も違いますので、医療機関を選ぶときは希望している治療が受けられるかどうかも確かめておきましょう。