心療内科での薬物療法の目的

心療内科の治療の主な目的は、心理的な原因によって出てしまった身体的な問題を改善することです。そして比較的軽度な症状であれば、カウンセリング程度で改善する可能性があります。しかし症状の度合いが大きかったり、すでに明らかな身体的問題が出ていたりする場合は、薬物が用いられることがあります。心療内科での治療ではこまめなメンタルケアが欠かせないことも多いですが、毎日のように通院して医師のケアを受けるのは現実的ではありません。したがって日常的なメンタルコントロールや症状の緩和を、薬物によって行うというわけです。具体的な種類は症状によって様々で、心療内科によっては一般的な処方薬の他に漢方薬が用いられることもあります。

心療内科で処方されることが多い薬物の種類

心療内科の薬物療法で使用されることが多いのは、抗うつ剤です。脳内の神経伝達物質の量を増やしたり、分泌を促進させたりしてメンタル面の異常を改善するために用いる薬です。基本的には名前の通りうつの症状がある場合に処方されますが、場合によっては不安障害やパニック障害などに対しても処方されることもあります。その抗うつ剤と一緒に処方されることがあるのが、強い緊張感や不安を和らげる抗不安薬です。抗うつ剤と同じように、神経物質に働きかけるものがほとんどです。また心理的な問題を改善するためには、しっかりと睡眠をとって規則正しい生活を送ることも大切です。そのために身体が眠れない状態であっても、決まった時間に眠れるように睡眠薬が処方されることも多いです。